MMOとかさぽとか色々テキトーに不定期更新。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ゲンコ 
2011/03/17 Thu 18:42
どっかの国が例の原発が想定外の津波に耐えたのを誇るべきだとか書いてあったが、それ以前に東電がきっちり仕事してればここまでの惨事にはなってなかったと思うんだがね…( ´_ゝ`)


……うむ、例の建物を擬人化して考えてみようか。
続きにゲンコ(仮名)ちゃん。





みんなの生活の為に電気を作り出すゲンコ(仮名)。
しかし電気を生み出すには体内のエネルギーを(ry
エネルギーを生み出すたびに文字通り身を削られていくゲンコ(仮名)。
マスターからの定期的メンテナンスは勿論、古いプログラムからのグレードアップが必要だが、マスターは時折思い出したときにしかメンテナンスを施してくれない。
見目は綺麗に飾ってくれるがゲンコ(仮名)の肌には傷が、人口皮膚の下の回路は悲鳴をあげていた。
何事も起こらなければ問題ない。
だが敵が襲撃してきたら耐えられないのではないか?
ゲンコ(仮名)の異常に気づいた他の技術者達がマスターに技術と素材の提供を申し出るが、プライドの高いマスターはゲンコ(仮名)は完璧だ!問題ない!と申し出を断ってしまった。

そして起こった敵の襲撃。
ゲンコ(仮名)を容赦なく痛めつけるジェシー(仮名)とツナ美(仮名)。彼女達はゲンコ(仮名)を痛めつけただけでなく、たくさんのものを奪っていってしまった。
この負傷によりゲンコ(仮名)の体内にあるエネルギーが暴走を始めてしまう。
ジェシー(仮名)とツナ美(仮名)の攻撃をなんとか耐えはしたが、マスターの杜撰な管理とメンテナンス不足でゲンコ(仮名)はもう限界に近かった。むしろ彼女達の攻撃で無残に破壊されなかったのが不思議なくらいなのだ。
技術者達が懸命にゲンコ(仮名)の修復作業に臨むなか、ゲンコ(仮名)のマスターはすでに安全圏に離脱してしまった。襲撃にあった市民よりもさらに遠くに、だ。
ゲンコ(仮名)に出来るのは、いま自分の修復作業にあたっている技術者達が無事に己の暴走を食い止めてくれるのをじっと待つだけだった。
「私はみんなに電気を供給するのが役割。恐怖をばら撒くのが私の役割ではありません。技術者様方、私を……私を止めてください。私にはどうすることも出来ないのです……」




あれ?こう考えると建物はよく頑張ったなって気になるね。
しかしここまで書いておいてなんだが、別に擬人化はそんな好きじゃなかったりする。
擬人化ってようは付喪神的なことを萌えでコーティングした結果なのかな?

いや待てこのゲンコ(仮名)をアヌビスのエイダと思えば好きになれる気がする…!


……そーやぁハヤブサの擬人化なんてのがあったなぁ。そうか、ハヤブサのときもこうやって考えてた人達がいたってことなのか。





さあ、お遊びはこれくらいにして作業するでござる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
(´?ω?`)
2011/03/19(土) 02:27:44
URL | 山田 #-[ 編集 ]
なるほど、わからん<(*‘ω‘ *)/
2011/03/19(土) 10:50:55
URL | 紀莉 #X3YdzRds[ 編集 ]
>山さん、紀莉ちゃん
人類には早すぎた……だと?(`・ω・´;)
2011/03/19(土) 16:21:15
URL | クラリオン #W7JQIgO6[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/14(木) 17:36:12
| #[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/14(木) 19:54:52
| #[ 編集 ]

きっと当分ログインしないんだぜ(*‘ω‘ *)
2011/04/17(日) 17:11:12
URL | クラリオン #W7JQIgO6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kurarion.blog66.fc2.com/tb.php/282-324e395d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 語り気ままに all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。